スポーツ

  • 印刷

 陸上の関西実業団選手権最終日は13日、大阪市のヤンマースタジアム長居であり、女子三段跳びは喜田愛以(ミライト・テクノロジーズ、園田高-関大出)が12メートル15で4連覇を果たした。同走り高跳びは福本幸(甲南大職)が15度目の栄冠。同100メートル障害は梅原紗月(住友電工)が14秒63で初優勝した。

 男子400メートルは昨夏の世界選手権で1600メートルリレーに出場した堀井浩介(住友電工)が47秒80で2位に入った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月21日)

  • 25℃
  • 16℃
  • 0%

  • 27℃
  • 11℃
  • 0%

  • 26℃
  • 17℃
  • 0%

  • 27℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ