スポーツ

  • 印刷
会見で厳しい表情を見せる関東学生アメリカンフットボール連盟の(左から)森本啓司専務理事、柿沢優二理事長、寺田昌弘監事=29日夜、東京都中央区(撮影・中田匡峻)
拡大
会見で厳しい表情を見せる関東学生アメリカンフットボール連盟の(左から)森本啓司専務理事、柿沢優二理事長、寺田昌弘監事=29日夜、東京都中央区(撮影・中田匡峻)

 日本大アメリカンフットボール部の守備選手による悪質反則問題で、関東学生連盟は記者会見で、日大の宮川泰介選手、チームともに条件付きで2018年度シーズン終了まで公式試合の出場資格停止処分を科すことを決めたと発表した。

 また、同連盟は日大の井上前コーチの「つぶせ」という指示について、「けがをさせろ」という意味があったと認定。内田前監督も危険なタックルを目撃していた、とした。

 同連盟の柿沢優二理事長は記者会見で、日大選手のプレーを「ルールを逸脱したとの表現では済まない」と批判。関西学院大の選手やチーム、アメフットのファンらに「ご心配、ご迷惑を掛けた」と繰り返し、頭を下げた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ