スポーツ

  • 印刷
指導を受ける西宮ユースの選手たち=神戸市東灘区、カネディアン・アカデミイ
拡大
指導を受ける西宮ユースの選手たち=神戸市東灘区、カネディアン・アカデミイ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の西宮のユースチーム、U15(中学生)とU12(小学4~6年生)が2季目を迎えた。バスケット界の底上げと世界に通用する人材育成に向け、さらなる発展を目指す。6月16日に追加トライアウトを行う予定で、参加者を募っている。

 西宮のユースチームは昨年7月に発足。U12の和田竜三朗ヘッドコーチは「進学などで西宮を離れてもまた戻り、バスケット界やまちの発展に貢献する人材を輩出したい」と展望を描く。

 練習は週3日、西宮市内かカネディアン・アカデミイ(神戸市東灘区)であり、U12は主にシュートなど基本技術を、U15は戦術も含めて指導する。昨季は、U15がBリーグU15フレンドリーゲームを制し、U12は関西スクールカップで優勝するなど成果を残した。

 U15の山本晃佑ヘッドコーチは「選手には夢や目標を明確に持ってほしい」と願う。U15の尼崎市立立花中3年の田村飛翔(つばさ)は「ミドルシュートを確率よく決め、将来はBリーグで活躍したい」と腕を磨く。

 トライアウトは6月16日午後2時~3時45分、芦屋市の芦屋大で。募集人数はU15、U12で各5人程度。同8日までに兵庫プロバスケットボールクラブへ申込書を郵送かファクスする。TEL0798・22・0770

(藤村有希子)

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ