スポーツ

  • 印刷
会見する日大の内田正人前監督(右)と井上奨前コーチ=5月23日、東京都内
拡大
会見する日大の内田正人前監督(右)と井上奨前コーチ=5月23日、東京都内

 日本大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題で、負傷した関西学院大(兵庫県西宮市)の選手側が、内田正人前監督と井上奨前コーチについて、傷害容疑の告訴状を警視庁調布署に提出したことが31日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、反則行為となる危険なタックルをした日大の宮川泰介選手については、寛大な処分を求める数千人分の嘆願書を出したという。告訴状の提出を受け、警視庁は捜査を本格化させるとみられる。28日には捜査員が日大の施設を訪れ、日大関係者から聞き取りをしていた。

 問題は6日の両校の定期戦で発生。パスを投げ終えて無防備な状態だった関学大の選手が背後からタックルされて、腰などにけがをした。

 日大の選手は22日に記者会見を開き、前監督や前コーチから「相手をつぶせ」などの指示を「けがをさせろ」と解釈したと説明した。前監督と前コーチは、反則やけがをさせることまでは指示していないとの考えを示していた。

 負傷した関学大選手の父親の奥野康俊さん(52)は31日、自身のフェイスブックに「宮川選手を除く、内田前監督、井上前コーチの2人に対する告訴状を提出しました」などと投稿。日大が近日中に立ち上げる第三者委員会については「公正かつ真摯な調査の上、事実を解明していただくことを望む」とし「世論に対して納得のできる説明をしていただきたい」と訴えた。

 また奥野さんは、30日時点で集まった宮川選手の寛大な処分を求める嘆願書6348通が同署に受理されたことも明かした。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 29℃
  • 18℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ