スポーツ

  • 印刷
昌子源選手が書いた小学校の卒業文集。「日の丸の印は、あこがれです」
拡大
昌子源選手が書いた小学校の卒業文集。「日の丸の印は、あこがれです」
昌子源選手
拡大
昌子源選手
日本代表に選ばれ会見で笑顔を見せる昌子源選手=31日午後、茨城県鹿嶋市 
拡大
日本代表に選ばれ会見で笑顔を見せる昌子源選手=31日午後、茨城県鹿嶋市 

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表に、DF昌子源(しょうじげん)選手(25)=神戸市北区出身=が初選出された。発表後、鹿島アントラーズの本拠地(茨城県鹿嶋市)で取材に応じた昌子選手は「光栄に思う。日本の成績を塗り替えたい」と笑顔で語った。

 誰もが疑わない天才サッカー少年は小学校の卒業文集で「日本に優勝のトロフィーを持ちかえりたい」とW杯制覇を夢見た。

 神戸市立唐櫃(からと)小時代に所属したフレスカ神戸では、FWとして得点を量産。長男が同じ年齢で保護者コーチだった会社員北村基(もとし)さん(54)は「速くてうまい。この子は必ず日の丸を背負うと思った」。同じくコーチだった松田健さん(41)はリーダーシップに才能を感じた。「俺に出したら絶対に大丈夫」とチームを救うゴールを重ね、守備にも急いで戻る姿を覚えている。

 「胸についているユニホームの日の丸の印は、あこがれです。日本代表になれたなら、次はワールドカップを目指します」

 文集にそうつづった少年は18歳でプロ入りし、抜群のスピードと危険察知能力に優れたDFに成長。昨年春から代表に定着し、W杯切符を手にした。「まずは試合に出て、日本の勝利に貢献できれば」。あふれる才能を、世界に示す時が来た。(有島弘記)

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ