スポーツ

  • 印刷
高良彩花
拡大
高良彩花

 陸上のアジア・ジュニア選手権第3日は9日、岐阜長良川競技場で行われ、女子走り幅跳びで兵庫・園田高の高良彩花が6メートル44をマークし、中野瞳(当時長田高)が持つ日本高校記録に並び、金メダルを獲得した。女子100メートル障害で吉田唯莉(筑波大)が大会タイ記録の13秒45で優勝した。

 女子の800メートルは川田朱夏(東大阪大)が2分4秒14で制し、塩見綾乃(立命大)が2位。男子の400メートルリレーは日本が39秒65で優勝し、3000メートル障害の吉田匠(早大)と110メートル障害の樋口陸人(法大)はともに銀メダルだった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ