スポーツ

  • 印刷

 兵庫県体育協会は12日、神戸市内で2018年度の第1回理事会を開き、昨年9月に行われた「日本スポーツマスターズ2017兵庫大会」や、男女総合成績で12位だった愛媛国体など17年度の事業報告を承認した。

 会議では、社会問題化している日大アメリカンフットボールの反則問題を巡り、スポーツマンシップやフェアプレーを重視した指導者を育成する必要性、選手強化財源となる給食事業について栄養学のある大学との連携を促す意見などが出た。

 稲垣嗣夫副会長、川瀬武晴理事、井上弼子理事、大原康昇監事の退任も報告された。新役員は28日の評議員会で選任される。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ