スポーツ

  • 印刷
アイスショーで華麗な演技を披露する羽生結弦((C)Fantasy on Ice 2018 in KOBE)
拡大
アイスショーで華麗な演技を披露する羽生結弦((C)Fantasy on Ice 2018 in KOBE)
アイスショーで華麗な演技を披露する坂本花織((C)Fantasy on Ice 2018 in KOBE)
拡大
アイスショーで華麗な演技を披露する坂本花織((C)Fantasy on Ice 2018 in KOBE)
アイスショーで華麗な演技を披露する三原舞依((C)Fantasy on Ice 2018 in KOBE)
拡大
アイスショーで華麗な演技を披露する三原舞依((C)Fantasy on Ice 2018 in KOBE)

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇を果たし、国民栄誉賞受賞が決まった羽生結弦(ANA)が15日、神戸市中央区のワールド記念ホールであったアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」の初日に出演し、4回転トーループを鮮やかに決めるなど5100人の観衆を魅了した。

 羽生は2月の平昌五輪後、右足首治療のため3月の世界選手権を欠場したが、順調な回復ぶりをアピール。出演者のトリを飾る演技では「春よ、来い」のピアノに合わせて情熱的に舞い、万雷の拍手を浴びた。

 平昌五輪6位の坂本花織(シスメックス、神戸野田高3年)は「明るさを全開に出せる曲」という新たなエキシビションをお披露目。三原舞依(同、甲南大1年)は4連続ジャンプを跳び、「盛り上がってくれてうれしい」と笑みを浮かべた。

 今季からシニアに転向する15歳の紀平梨花(関大KFSC、兵庫県西宮市出身)も伸びやかな演技を見せた。息子と共演したトリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコら豪華な顔ぶれが観客を沸かせた。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 50%

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 34℃
  • 26℃
  • 50%

  • 33℃
  • 26℃
  • 50%

お知らせ