スポーツ

  • 印刷

 ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権第1日は22日、山口市の維新みらいふスタジアムで行われ、女子の走り幅跳びは前年覇者の高良(こうら)彩花(兵庫・園田高)が6メートル22で制し、2年連続の高校生女王に輝いた。

 男子の100メートル準決勝は1組の桐生祥秀(日本生命)が10秒16、2組の山県亮太(セイコー)は10秒19で、それぞれ1着となり、23日の決勝に進んだ。1組でケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒24の2着、多田修平(関学大)は10秒31の3着で通過した。予選で桐生は10秒15、山県は10秒13だった。1万メートルは大六野秀畝(旭化成)が28分30秒66で初優勝した。

 女子の1万メートルで松田瑞生(ダイハツ)が鈴木亜由子(日本郵政グループ)に競り勝ち、31分52秒42で2連覇。100メートルは日本記録保持者の福島千里(セイコー)、200メートルとの2年連続2冠を狙う市川華菜(ミズノ)らが予選を突破し、23日の決勝に進んだ。棒高跳びでは、那須真由(園田女大)が2位に入った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月16日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ