スポーツ

  • 印刷

 陸上の近畿選手権最終日は2日、京都市の西京極陸上競技場であり、男子400メートル障害で鍜治木崚(兵庫・住友電工)が49秒82、女子400メートル障害で梅原紗月(兵庫・住友電工)が58秒50と、いずれも大会新記録で栄冠に輝いた。

 兵庫勢はほかに、女子ハンマー投げで増田たまみ(加古川市陸協)が54メートル46、同走り高跳びで41歳の福本幸(甲南学園AC)が1メートル76、同棒高跳びは那須真由(園田女大)が3メートル90、同200メートルで三宅奈緒香(住友電工)が24秒06で頂点に立った。男子200メートルは田村朋也(住友電工)が20秒54(追い風参考)で制した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月17日)

  • 9℃
  • 4℃
  • 20%

  • 8℃
  • 0℃
  • 70%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 10℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ