スポーツ

  • 印刷
競泳成年男子400メートルメドレーリレー決勝 5位に入り、握手を交わす兵庫の金本祐伎(右端)、大寺巧馬(右から2人目)、幌村尚(同3人目)、溝畑樹蘭(左端)
競泳成年男子400メートルメドレーリレー決勝 5位に入り、握手を交わす兵庫の金本祐伎(右端)、大寺巧馬(右から2人目)、幌村尚(同3人目)、溝畑樹蘭(左端)

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」は17日、福井県の敦賀市総合運動公園プールなどで会期前競技が行われ、競泳400メートルメドレーリレーの成年男子は、幌村尚(早大、西脇工高出)と溝畑樹蘭(明大、報徳高出)のアジア大会メダリスト組を擁した兵庫が5位入賞を果たした。

 今大会限りで現役を退く中京大4年の大寺(須磨学園高出)を、幌村(早大)、溝畑(明大)のアジア大会メダリスト組らが支えた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ