スポーツ

  • 印刷
開会式で選手宣誓する男子・須磨学園の藤原太一主将
拡大
開会式で選手宣誓する男子・須磨学園の藤原太一主将

 男子第73回、女子第35回兵庫県高校駅伝(4日・篠山市=神戸新聞社後援)の開会式が3日、同市の篠山鳳鳴高で行われ、出場する男子40校、女子30校の選手が顔をそろえた。選手を代表し、前年覇者の男子・須磨学園の藤原太一主将が「ひたむきにさわやかに、駅伝王国・兵庫のたすきをつなぐことを誓います」と宣誓した。出場校のオーダーも発表された。

 大会は篠山市の大正ロマン館前から篠山鳳鳴高までのコースで、7区間42・195キロの男子は午前10時10分、5区間21・0975キロの女子は同10時20分にスタートする。熱中症対策として今回初めて給水所を設け、各中継所にも飲料を置く。

 男女の優勝校は全国高校駅伝(12月23日・京都市)に出場。各上位6校は近畿高校駅伝(11月18日・大阪府能勢町)に進む。

(金山成美、長江優咲)

◇オーダーリストはこちら

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ