スポーツ

  • 印刷
広島からドラフト1位指名を受けた小園海斗(左)への指名あいさつに訪れた報徳出身の鞘師スカウト(右)=西宮市、報徳学園(撮影・大山伸一郎)
拡大
広島からドラフト1位指名を受けた小園海斗(左)への指名あいさつに訪れた報徳出身の鞘師スカウト(右)=西宮市、報徳学園(撮影・大山伸一郎)

 広島の交渉権獲得は必然だったのかもしれない。走攻守そろった大型遊撃手との良縁を誰よりも願っていたのが、他でもない鞘師スカウトだ。

 報徳高OBで高校3年時には当時主将の大角健二監督とともに春夏連続で甲子園大会に出場。東海大を経て広島では外野手としてプレーし、スカウトとして今回、母校の後輩を担当した。

 その目は逸材の成長をつぶさに捉えてきた。「高1の時点でプロへ行く確信があった」というが「想像よりも順調に走攻守の全てが伸びた」と努力をたたえる。「本人の頑張りが球団を認めさせた。抽選になっても取りに行こうと満場一致で決まった」と打ち明けた。

 1位指名で4球団が競合。緒方監督が引いたくじは最後の一枚だった。「奇跡じゃ! と思った。怖いぐらいの縁がつながった」と鞘師スカウト。「中心選手として、長い間カープを背負う存在になって」とエールを送った。(長江優咲)

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月25日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ