スポーツ

  • 印刷
エースとして初の神宮に挑む関西国際大の武次=大阪市、南港中央球場
エースとして初の神宮に挑む関西国際大の武次=大阪市、南港中央球場

 第49回明治神宮野球大会は9日、神宮球場で開幕する。大学の部は東京六大学リーグを12季ぶりに制した法大、東都リーグで18季ぶりに優勝した立正大など11校が出場。兵庫からは阪神リーグを制し、関西地区選手権を勝ち抜いた関西国際大が8年ぶり4度目の代表の座をつかんだ。9日の1回戦で中部学院大(愛知・東海・北陸)と対戦する。

 初の頂点を目指すチームの大黒柱だ。春秋のリーグ戦で今年14勝を誇る左腕武次は「思い切りのいい自分の投球を全国でも見せる」と、自身初の神宮に向けて闘志を燃やす。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 10%

  • 17℃
  • 5℃
  • 10%

  • 17℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ