スポーツ

  • 印刷
世界選手権でそろって優勝を果たし、金メダルを手にポーズをとる男子66キロ級の兄、阿部一二三選手(右)と女子52キロ級の妹、詩選手=9月21日、アゼルバイジャンのバクー(共同)
拡大
世界選手権でそろって優勝を果たし、金メダルを手にポーズをとる男子66キロ級の兄、阿部一二三選手(右)と女子52キロ級の妹、詩選手=9月21日、アゼルバイジャンのバクー(共同)
阿部一二三選手(左)と妹の詩選手
拡大
阿部一二三選手(左)と妹の詩選手
阿部一二三選手、詩選手ののぼりを前に意気上がる森好理江さん(前列右から2人目)、渡部芳幸さん(同3人目)、辻徳広さん(左端)ら=神戸市兵庫区笠松通7
拡大
阿部一二三選手、詩選手ののぼりを前に意気上がる森好理江さん(前列右から2人目)、渡部芳幸さん(同3人目)、辻徳広さん(左端)ら=神戸市兵庫区笠松通7
阿部兄妹の地元のお好み焼き店には、活躍を伝える記事やポスターが並ぶ
拡大
阿部兄妹の地元のお好み焼き店には、活躍を伝える記事やポスターが並ぶ

 2020年東京五輪の金メダル候補として、柔道界で注目を集める阿部一二三選手(21)=日本体育大=と妹の詩選手(18)=夙川高。日本から遠く離れたアゼルバイジャンで9月に開かれた世界選手権で2人そろって優勝した時、テレビ中継には日の丸に「必勝」の鉢巻きを締めた人たちが映った。両選手の地元、神戸市兵庫区のお好み焼き店店主と常連客だ。熱すぎる応援団は、今月23日開幕のグランドスラム大阪大会にも大挙して駆け付ける。(藤村有希子)

 JR・神戸市営地下鉄和田岬駅南にあるお好み焼き店「よりみち」=同市兵庫区笠松通7。カウンター8席のこぢんまりした店内には、両選手の記事やポスターが並び、客は連日、柔道談義に花を咲かせている。

 阿部兄妹の両親がしばしば食事に訪れる縁で、店主の森好理江さんは4年前、試合観戦に全国を巡り始めた。五輪が2年後に迫る今回の世界選手権は、時間もお金もかかるカスピ海沿岸のアゼルバイジャン・バクーにも思い切って渡航。試合会場では日の丸の小旗を手に、鉢巻き姿で2人に声援を送り続けた。

 その際、同じ格好で並んで応援していたのは、店の常連客で近くの会社に勤める渡部芳幸さん(64)。休暇を確保して森さんとともにバクーに出向き、「2人とも投げ技が魅力的。負けようがない勝ち方だった」と興奮気味に話す。

 渡部さんの元同僚、辻徳広さん(65)もなじみ客。今秋に定年退職した勤め先では14年、「職場の近所に柔道ですごい兄妹がいる」と話題になり、以来、社内報で編集責任者として2人の活躍ぶりを伝えてきた。

 世界選手権の後には、みんなで「祝 金メダル 阿部兄妹、おめでとう!」と記したのぼりを作った。同店や周辺店舗ではためく様子を見て、「うちらの応援はいらんくらい、ビッグになってしもたけどな」。そう言いながら、森さんらの表情はうれしそうだ。

 グランドスラムでは、阿部兄妹は23日に登場する。来年の世界選手権、そして東京五輪につながる大一番となる。約50人の応援団を組んで会場に乗り込むという森さんは「一二三君、詩ちゃんの一本を取りにいく姿勢が気持ちいい。けがをせず、ぜひ優勝して五輪へ弾みをつけてほしい」と願う。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ