スポーツ

  • 印刷
コスプレで激走する再田光進さん=18日午前、神戸市中央区三宮町3(撮影・斎藤雅志)
拡大
コスプレで激走する再田光進さん=18日午前、神戸市中央区三宮町3(撮影・斎藤雅志)

 神戸マラソン名物「プリキュアランナー」が2年ぶりに帰ってきた。人気アニメ「プリキュア」のコスプレをしながら驚異のハイペースで激走する姿が話題を呼んできた神戸市西区出身の会社員再田光進さん(33)。昨年から陸連登録者の仮装が禁止されたため、今年は陸連登録を外れて出場し、沿道の声援に笑顔を振りまいた。

 ピンクのロングヘアとミニスカートをなびかせ、腰にはハート型のポーチ。最新シリーズ「HUG(はぐ)っと!プリキュア」の主人公「キュアエール」の衣装に身を包んだ再田さんは、いつも通りスタートから先頭集団を追った。途中までは女子の優勝者にも先行し、2時間43分11秒の87位でフィニッシュ。「先月もフルマラソンを走ったのでヘロヘロ。でも、頑張っているところを見せられて良かったです」

 仮装を禁止された昨年は、自転車競技がテーマの漫画「弱虫ペダル」のサイクルウエア姿で「おとなしく」走ったが、やはりプリキュアを楽しみにしてくれている人たちの期待に応えたかった。衣装は自宅のミシンで約1カ月かけて制作。陸連登録を外れたことでナンバーカードにニックネームを付けることが可能になり、「エール」とした。本当は「キュアエール」としたかったが、「最大5文字だったんで…。でも分かる人には分かったはず」

 全国各地のマラソン大会に参加しているが、生まれ育った神戸の地は特別という。「みんな『帰ってきてくれてありがとう』と言って手を振ってくれた」。きつくても笑顔を忘れず、フィニッシュ後はコースに一礼した。

 再田さんにはプリキュア姿にこだわる一つの理由がある。「僕は陸上を始めたとき、そんなに速くなかった。まわりの人たちのおかげでここまで来られた。陸上の楽しさや、『誰もが頑張ればここまでできる』ということを伝えられたら」。カツラで頭が蒸れても、どんなに足が痛くても、プリキュアランナーは笑顔で走り続ける。

(山本哲志)

【神戸マラソン特集サイト】こちら

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 7℃
  • 90%

  • 12℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ