スポーツ

  • 印刷

 柔道の高砂市長杯争奪兵庫県高校新人大会(神戸新聞社後援)最終日は18日、兵庫県高砂市総合体育館で男子個人7階級があり、17日の団体を制した神戸国際大付勢は、73キロ級の坂元香月、81キロ級の騰川雄一朗、90キロ級の南大介、100キロ超級の島健輔が制し、4階級で栄冠を手にした。

 60キロ級は堀田延空(相生産)、66キロ級は岸武蔵(報徳)、100キロ級は長谷川功斉(育英)がそれぞれ頂点に立った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(2月17日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 7℃
  • 2℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 10%

  • 10℃
  • 3℃
  • 20%

お知らせ