スポーツ

  • 印刷

 サッカーの皇后杯全日本女子選手権は25日、三木市の三木総合防災公園などで2回戦8試合が行われ、初戦となったなでしこリーグ1部勢ではINAC神戸、大会2連覇を狙う日テレや前回準優勝のノジマステラ神奈川相模原などが順当に勝ち上がった。

 2年ぶりの優勝を目指すINAC神戸はNGUラブリッジ名古屋(東海)を4-0で破り、ASハリマ(なでしこ2部)は4-0でスフィーダ世田谷(なでしこ2部)に快勝した。武庫川女大(関西)は0-4で長野(なでしこ1部)に敗れた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 11℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ