スポーツ

  • 印刷
立命大の大一番に向けて練習に励む関学大の光藤主将
拡大
立命大の大一番に向けて練習に励む関学大の光藤主将

 アメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝「甲子園ボウル」(12月16日)の出場権を懸けた西日本代表決定戦は12月2日、大阪府吹田市の万博記念競技場で行われる。関西学生リーグで2年ぶりの優勝を果たした関学大は、リーグ2位の立命大と再び激突する。試合を前にした28日、関学大は西宮市の大学グラウンドで報道陣に練習を公開。鳥内監督は「今年一番のゲームをしないと勝てない。(立命大は)前回と違うチームで臨んでくる」と表情を引き締める。

 18日のリーグ最終戦は序盤からライン戦で競り勝った関学大が31-7で攻守に圧倒したが「途中から相手の気持ちがなえていた部分も影響した。出していないプレーもある」と指揮官。手の内の多くを見せなかった相手の試合運びに警戒を強める。

 「やさしい光藤がこの2週間、誰よりも厳しい言葉をかけてチームの雰囲気を高めている」とQB西野。QB光藤主将は「昨年、本当につらかった逆の立場を経験しているので、その相手以上の気持ちを持ってそして絶対に勝つ」と闘志を燃やした。(宮崎真彦)

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ