スポーツ

  • 印刷
計量をクリアし、笑顔を見せる王者の江畑佳代子(左)と挑戦者の多田悦子
拡大
計量をクリアし、笑顔を見せる王者の江畑佳代子(左)と挑戦者の多田悦子

 12月1日に行われる世界ボクシング機構(WBO)女子ミニマム級タイトルマッチの前日計量が11月30日、試合会場のエディオンアリーナ大阪(大阪市)であり、世界3団体制覇が懸かる挑戦者多田悦子(真正)と、王者江畑佳代子(ワタナベ)は共に制限体重を300グラム下回る47・3キロで1回でパスした。

 調印式と会見もあり、37歳の多田は42歳の江畑について「人間的に尊敬しているが、リングでは(その思いを)一瞬捨てる。重みのあるベルトに恥じないよう挑戦させていただく」と話した。

 2度目の防衛を目指す江畑は「多田さんが相手で、意気込みと楽しみな気持ちが倍増した。厳しい試合を覚悟している」と、サウスポー多田の左ストレートを警戒。真正ジムの山下正人会長は「女子ボクシングをけん引してきた2人。意地のぶつかり合い、テクニックを見て」と呼び掛けた。

 同日開催のWBOアジア・パシフィック・ライトフライ級タイトルマッチに臨む王者小西伶弥(真正)らも計量を一発パスした。(藤村有希子)

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 11℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ