スポーツ

  • 印刷
関西独立リーグの新しいロゴマークと選抜チームのユニフォーム=大阪市北区、近畿医療専門学校
拡大
関西独立リーグの新しいロゴマークと選抜チームのユニフォーム=大阪市北区、近畿医療専門学校

 野球の独立リーグ、ベースボール・ファースト・リーグ(BFL)は4日、大阪市内で会見を開き、同日付でリーグの名称を「関西独立リーグ」に変更すると発表した。来季は兵庫、和歌山、06BULLSに新球団の堺を加えた4チームで優勝を争う。

 13年に消滅した旧関西独立リーグとは別団体だが、仲木威雄リーグ代表は「これまでの認知度、分かりやすさを踏まえ、(なじみのある名称への)変更に至った」と説明した。リーグの新しいロゴマークや、交流戦に臨むリーグ選抜チームの新ユニホームなども披露された。

 また、16年シーズン限りで活動を休止していた姫路の消滅も発表された。仲木代表は「球団のマネジメント不足から再開のめどが立たなかったため」と理由を語った。(宮崎真彦)

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 7℃
  • 90%

  • 12℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ