スポーツ

  • 印刷
チアリーダーからエールを受ける阪神ドラフト1位の近本光司外野手(中央)
拡大
チアリーダーからエールを受ける阪神ドラフト1位の近本光司外野手(中央)

 阪神からドラフト1位指名を受けた大阪ガスの近本光司外野手(社高-関学大出)が4日、兵庫県西宮市の関学大で開かれた大学OBらによる懇親会に出席し、「今の自分があるのは大学の4年間のおかげ。しっかり阪神で活躍し、関西(かんせい)学院大の名前を全国で覚えてもらえるように頑張りたい」と抱負を述べた。

 体育会OBら約100人に拍手で迎えられた近本は、大学2年で投手から野手に転向した経緯や学食の思い出などを振り返った。1学年下で学生コーチだった関学大職員の植松弘樹さんも登場し、「近本選手は誰にでも優しく誰からも尊敬されるいい人。厳しいファンもいると思うが、阪神でも応援される選手になって」とエールを送った。

 即戦力の期待が高いスピードスターは「1年目にしか取れない新人王と、それを取るために必要な盗塁王の二つが目標」と活躍を誓っていた。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 11℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ