スポーツ

  • 印刷
Aゾーンaブロックで優勝した伊丹Aの佐貫理子(右)と遠藤絵美のペア
拡大
Aゾーンaブロックで優勝した伊丹Aの佐貫理子(右)と遠藤絵美のペア

 バドミントンの第13回兵庫オープンレディース大会「すみれオープン」(神戸新聞社後援)は6日、宝塚市立総合体育館などで開幕した。兵庫など近畿6府県や埼玉、広島などから136チーム936人が出場。7日まで、選手6人の合計年齢別に団体リーグ戦で各部の優勝を争う。

 第1日は合計年齢の最も低いAゾーンの試合があり、実力最上位のaブロックでは伊丹A(兵庫)が栄冠を手にした。

 伊丹Aは、フレンドリークラブA(大阪)や和歌山勢を破り、最終戦で宝塚Aとの兵庫勢対決を制して4戦全勝。監督兼選手の佐貫理子は「うれしい。若い人が出ていたし、心強かった」と喜び、「大阪との対戦では、そこに打ってくるかという球もあり、参考になった」と収穫を口にしていた。(小川康介)

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 11℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ