スポーツ

  • 印刷
決勝・神戸大-武庫川女大 第4クオーター残り1秒、トライフォアポイントを成功させて喜ぶ真田(4)ら神戸大の選手たち
決勝・神戸大-武庫川女大 第4クオーター残り1秒、トライフォアポイントを成功させて喜ぶ真田(4)ら神戸大の選手たち

 女子タッチフットボールの東西大学王座決定戦「プリンセスボウル」は8日、神戸市灘区の王子スタジアムであり、兵庫勢対決となった決勝は、昨季全日本王者の神戸大(西日本1位)が26-25で武庫川女大(西日本2位)に逆転勝ちし、5年連続11度目の栄冠を手にした。

 TDパスを通して同点に追い付き、残り1秒。神戸大のQB浅川はトライフォアポイントでもノーマークだったガード真田へのパスを成功させ、「練習でやってきたことを悔いなくやるだけだった」と胸を張った。10年連続となった兵庫勢同士の頂上決戦は、劇的な幕切れとなった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ