スポーツ

  • 印刷

 バレーボールの全日本高校選手権は5日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕して1回戦が行われ、女子の兵庫代表、日ノ本は東京都市大塩尻(長野)に1-2で競り負けた。第2セットを多彩な攻撃で取り返してフルセットに持ち込んだが、第3セットは序盤からリードを許し、挽回できなかった。

 八王子実践(東京)は松山東雲(愛媛)に2-1で逆転勝ち。古川学園(宮城)が市船橋(千葉)との好カードを2-1で制した。

 男子は3大会ぶりの優勝を狙う東福岡が大塚(大阪)に2-1で競り勝った。松本国際(長野)は東北(宮城)を2-0で退けた。

 大会は男女各52校が参加。準々決勝までは3セット制、準決勝と決勝は5セット制で行われる。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月23日)

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ