スポーツ

  • 印刷

 ラグビーの全国高専大会第3日は7日、奈良県天理市の天理親里ラグビー場で準決勝2試合があり、2連覇を狙う神戸市立(近畿)は43-33で佐世保(九州・沖縄第1)を退け、決勝進出を果たした。

 神戸市立は前半2分、ラックからSH丸一が先制。その後もロック佐伯が2連続トライを挙げるなど31-14で折り返し、後半もゴール前のスクラムやラインアウトからトライを重ねて佐世保の反撃を振り切った。

 残り1試合は奈良(開催県)が83-7で前回準優勝の仙台高専名取(東北第1)を下した。最終日は9日正午から、同ラグビー場で神戸市立-奈良の決勝が行われる。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月23日)

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ