スポーツ

  • 印刷
必勝祈願に臨む真正ジムの選手やスタッフら
拡大
必勝祈願に臨む真正ジムの選手やスタッフら

 世界ボクシング機構(WBO)女子ミニマム級王者の多田悦子や、WBOアジア・パシフィック・ライトフライ級王者の小西伶弥ら、真正ジムの選手やスタッフ22人が10日、神戸市中央区の湊川神社を訪れ、今年の必勝を祈願した。

 選手らは引き締まった表情で本殿に入り、一斉にかしわ手を打った。ジムの山下正人会長は「一年が始まったなと。みんながけがなく、いい成績を残せたら」と抱負。昨年12月、関西では異例となる女子のみの興行を開いて話題を呼び「今年もやりたい」と話した。

 同月に世界3団体制覇を遂げた多田は「4団体制覇に向け、レベルの高い試合を見せていきたい」と意気込む。昨春、世界ボクシング協会(WBA)のライトフライ級王座決定戦で惜敗した小西は「昨年の経験を生かし、今年は『必ず世界を取る』という強い気持ちで挑む」と誓った。(藤村有希子)

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月23日)

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ