スポーツ

  • 印刷
開会式で優勝杯を返還した前回覇者の兵庫メンバー
拡大
開会式で優勝杯を返還した前回覇者の兵庫メンバー
優勝した前回大会の写真を前に意気上がる兵庫のメンバー=12日午後、京都市左京区、ロームシアター京都(撮影・藤村有希子)
拡大
優勝した前回大会の写真を前に意気上がる兵庫のメンバー=12日午後、京都市左京区、ロームシアター京都(撮影・藤村有希子)

 第37回全国都道府県対抗女子駅伝(13日・京都市西京極陸上競技場発着=9区間42・195キロ)の開会式が12日、京都市左京区のロームシアター京都であり、兵庫の選手は2年連続5度目の栄冠に向け、快走を誓った。

 式典では、兵庫の籔下明音(豊田自動織機、須磨学園高-立命大出)ら各チームの主将が都道府県旗を手に入場。前回覇者の兵庫のメンバーが優勝杯を返還した。

 各チームの区間配置も発表され、兵庫と優勝を争う大阪は、最終9区に尼崎市立園田東中出身の前田穂南(天満屋)を起用。昨夏のアジア大会マラソン銀メダルの野上恵子(十八銀行、須磨学園高出)は、長崎のアンカーを務める。レースは13日午後0時半に号砲。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ