スポーツ

  • 印刷
阿部詩
拡大
阿部詩
紀平梨花
拡大
紀平梨花
高良彩花
拡大
高良彩花
貴景勝
拡大
貴景勝

 関西運動記者クラブが選ぶ2018年度「第62回関西スポーツ賞」の受賞者が15日に決まり、柔道の世界選手権女子52キロ級で初優勝を飾った阿部詩(夙川高)が2年連続で選ばれたほか、フィギュアスケートのグランプリファイナル女子で初出場優勝を遂げた16歳の紀平梨花(関大KFSC、西宮市出身)ら6個人、2団体が選出された。

 個人はほかに、陸上の女子走り幅跳びで日本選手権2連覇、全国高校総体3連覇を達成したのをはじめ、アジア・ジュニア選手権で6メートル44の日本高校タイ記録をマークして金メダルに輝いた高良彩花(園田高)、大阪国際女子マラソンで初マラソン優勝を飾り、日本選手権1万メートルでも2連覇した松田瑞生(ダイハツ)らが受賞した。

 団体は高校野球の甲子園大会で史上初となる2度目の春夏連覇を成し遂げた大阪桐蔭高硬式野球部、阪神のドラフト1位・近本光司(関学大出)らを擁し、社会人野球の都市対抗大会で初優勝した大阪ガスが選ばれた。

 特別賞には大相撲九州場所で初の幕内優勝を果たした貴景勝(芦屋市出身)、史上初の日本中央競馬会(JRA)通算4千勝を達成した武豊騎手ら3人が決まった。

 表彰式は21日に大阪市内のホテルで開かれる。(大原篤也)

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ