スポーツ

  • 印刷
女子シングルス決勝 伊藤美誠と対戦する木原美悠(撮影・山口 登)
女子シングルス決勝 伊藤美誠と対戦する木原美悠(撮影・山口 登)

 卓球の全日本選手権最終日は20日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、14歳5カ月の史上最年少でシングルスの女子決勝に進んだ木原美悠(エリートアカデミー、明石市出身)は伊藤美誠(スターツ)に1-4で敗れた。

 女子卓球界の序列をひっくり返す快進撃が頂点を目前に止まっても、表情は晴れやかなままだった。史上最年少の14歳5カ月で決勝に挑んだ木原は2年連続で3冠に輝いた伊藤に屈したが、気持ちは「10割の充実」。紛れもなく主役の一人だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ