スポーツ

  • 印刷
世界パラ陸上の誘致について会見する岡田市民参画推進局長(右)とアシックスの大谷部長=神戸市役所
拡大
世界パラ陸上の誘致について会見する岡田市民参画推進局長(右)とアシックスの大谷部長=神戸市役所

 神戸市は29日、2021年秋に予定される世界パラ陸上競技選手権大会の開催地に立候補したことを正式に表明した。ユニバー記念競技場(同市須磨区)を会場に想定。仏パリとの一騎打ちといい、国際パラリンピック委員会(IPC)が4月に開催都市を決定する。

 世界パラ陸上はIPCが1994年に創設。近年は2年に1度開催され、今年11月にはアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで第9回大会が開かれる。

 同市によると、大会は約10日間で約100カ国、選手約1400人、観客数1日約1万人を見込む。IPCとオフィシャルサプライヤー契約を結ぶスポーツ用品大手のアシックス(神戸市中央区)を通じ、IPCが日本など東アジアでの開催を希望しているとの情報を得たのが誘致のきっかけになったという。

 会見には、岡田健二・同市市民参画推進局長とアシックスの大谷忍・スポーツマーケティング部長が出席。岡田局長は「東京五輪・パラリンピックの翌年に、スポーツとともに神戸の街を見てもらえる。関係団体と一丸となって成功に導きたい」と期待。大谷部長は「開催が決まれば、経済界全体で盛り上げたい」とした。日本パラ陸上競技連盟は「可能な限り協力したい」とコメントした。

 神戸市は同大会誘致に向け、本格的な国際大会に対応できるようバリアフリー化などを進める方針で、2019年度当初予算案に整備費の一部を盛り込む。(石沢菜々子)

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ