スポーツ

  • 印刷
練習場を引き揚げる紀平梨花=4日、ロサンゼルス郊外(共同)
拡大
練習場を引き揚げる紀平梨花=4日、ロサンゼルス郊外(共同)

 欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権(7日開幕・米アナハイム)に出場する日本勢が4日、ロサンゼルス郊外のアイスリンクで約3時間、調整した。女子で昨年12月上旬のグランプリ(GP)ファイナルに初出場優勝した紀平梨花(関大KFSC、西宮市出身)は新調したばかりのスケート靴の感覚を慣らすため、精力的にジャンプを跳んだ。

 16歳の紀平は、傷んでいた左足スケート靴だけを新しくした。ルッツやフリップで転倒する場面もあったが、徐々に修正し、ショートプログラム(SP)の音楽を流した練習では冒頭のトリプルアクセル(3回転半)を含めた三つ全てのジャンプを成功させた。

 2連覇を目指す坂本花織(シスメックス、神戸野田高3年)は回転軸を意識しながらスピンを確認。2017年大会を制した三原舞依(シスメックス、甲南大)は連続3回転などが安定していた。

 男子の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院、練習拠点・西宮市)と友野一希(同大)はともに4回転サルコーの修正に努めた。初優勝を狙う宇野昌磨(トヨタ自動車)は休養に充てた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月27日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 12℃
  • 9℃
  • 60%

  • 17℃
  • 11℃
  • 60%

  • 14℃
  • 11℃
  • 60%

お知らせ