スポーツ

  • 印刷
調整する坂本花織(共同)
拡大
調整する坂本花織(共同)

 欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)に米アナハイムで開幕し、男女のショートプログラム(SP)が行われる。5日に始まった公式練習で日本勢が調整し、女子2連覇を目指す坂本花織(シスメックス、神戸野田高)は「去年同様、取りこぼしのない演技をしたい」と話した。

 女子で昨年12月の全日本選手権を初制覇した坂本は豪快なジャンプを次々と着氷させ、順調な仕上がりを見せた。紀平、三原へライバル心ものぞかせ「国際試合で勝ってこそ(全日本女王を)証明できる。2人には勝ちたい」と闘志をたぎらせた。前回大会ではSP、フリーともに会心の演技で、主要国際大会初優勝を飾った。実績を重ね、演技に安定感も出てきた18歳のスケーターは「連覇できるように去年同様、ノーミスで演技をしたい」と本番を見据えた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月27日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 12℃
  • 9℃
  • 60%

  • 17℃
  • 11℃
  • 60%

  • 14℃
  • 11℃
  • 60%

お知らせ