スポーツ

  • 印刷

 陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)の代表選考会を兼ねた日本選手権20キロ競歩(神戸新聞社後援)は17日、神戸市東灘区の六甲アイランド甲南大周辺コースであり、男子は26歳の高橋英輝(富士通)が1時間18分0秒で、女子は27歳の岡田久美子(ビックカメラ)が1時間28分26秒でともに5連覇を達成した。女子の日本記録保持者で須磨学園高出身の渕瀬真寿美(建装工業)は1時間32分23秒で4位だった。

 高橋と岡田は日本陸連が定めた派遣設定記録(男子=1時間20分0秒、女子=1時間30分0秒)を突破しての優勝となり、世界選手権代表に決まった。

 男子は池田向希(東洋大)が1秒差の2位、山西利和(愛知製鋼)が3位。女子では藤井菜々子(エディオン)が2位、河添香織(自衛隊)が3位だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月24日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 3℃
  • 60%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 13℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ