スポーツ

  • 印刷
新入幕を果たし、笑顔で番付表を手にする照強=25日午前、大阪市東成区(撮影・大森 武)
拡大
新入幕を果たし、笑顔で番付表を手にする照強=25日午前、大阪市東成区(撮影・大森 武)

 大相撲の力士で、阪神・淡路大震災が起きた1995年1月17日に兵庫県の淡路島で生まれた照強(24)=本名福岡翔輝、南あわじ市出身、伊勢ケ浜部屋=が、25日に発表された大相撲春場所(3月10日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付で新入幕を果たした。「1・17」生まれの郷土力士は「(ご当地の)春場所は声援も大きい。そういう人たちのためにも、いい相撲が見せられたらいい」と気持ちを新たにした。

 激しい余震が続く中、震源地に近い洲本市の病院で産声を上げた。小学4年で相撲を始め、南あわじ市立三原中学校卒業後に角界入り。2010年春場所で初土俵を踏み、17年初場所で十両に昇進、関取となった。身長169センチ、体重116キロの小兵ながら出足の鋭さや負けん気の強さが身上。十両筆頭で迎えた先場所で8勝7敗と勝ち越し、念願の幕内昇進を決めた。

 現役の兵庫県出身の幕内力士は、昨年九州場所で初優勝した関脇貴景勝(芦屋市出身)とベテランの妙義龍(高砂市出身)に続いて3人目。照強は「一番一番に集中し、勝ち越し目指して精進する」と意気込んだ。(山本哲志、長江優咲)

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 34℃
  • 16℃
  • 20%

  • 31℃
  • 20℃
  • 10%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ