スポーツ

  • 印刷
動画一覧へ
ショートムービーの一場面
拡大
ショートムービーの一場面

アメリカンフットボールのファン拡大に、神戸在住の世界的アニメーション作家和田淳さんが制作したショートムービーが完成した。1000枚を超える線画に着色して編集し、競技の魅力をアピール。制作費はクラウドファンディングで募った。

 和田さんは神戸市出身。大阪教育大でデザインを学びながら、独学でアニメーション制作を始めた。シャープペンで手描きしたふくよかな少年など独特の絵柄で注目を集め、2012年にベルリン国際映画祭短編部門に出品した「グレートラビット」が、最高賞に次ぐ銀熊賞を受賞。現在は大手前大学(西宮市)でメディア・芸術学部准教授を務める。

 アメフットとは全く縁がなかったが一昨年、同大が3年前から取り組む大学日本一決定戦「甲子園ボウル」の応援プロジェクトで、チアリーディングに参加した小学生たちのTシャツにイラストを提供。これをきっかけに、「仕掛け人」で競技経験者の同大職員浅井達行さんから、新たなプロジェクトへの協力も要請され、アニメーションのショートムービー制作を引き受けた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 17℃
  • 20%

  • 31℃
  • 10℃
  • 20%

  • 28℃
  • 15℃
  • 10%

  • 31℃
  • 13℃
  • 20%

お知らせ