スポーツ

  • 印刷
集中して基本動作を確認する貴景勝=大阪市生野区、勝山高校
拡大
集中して基本動作を確認する貴景勝=大阪市生野区、勝山高校

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)の初日を10日に控えた7日、大関昇進が懸かる関脇貴景勝(兵庫県芦屋市出身)が、大阪市生野区の勝山高校で最終調整した。疲労や足の状態を考慮して相撲は取らず、四股やてっぽうなどの基礎運動を繰り返し「最高の自分にはしてきたつもり。後はやるだけ」と目に力を込めた。

 先場所の千秋楽で右足裏を痛め、実戦を再開したのは先月27日から。二所ノ関一門の連合稽古では大関高安や横綱白鵬らと番数を重ね、ハイペースで仕上げてきた。「少し多かったかもしれないが、相撲勘はいい感じ」と手応えを示す。

 この日で本格的な稽古を締めくくり、体のケアや「当たる相手は分かっている」と幕内上位勢を想定したイメージトレーニングで本番に備える。地元関西での大関とりに注目が集まる幕内最年少の22歳は「勝たなきゃいけないけど、勝ちにこだわらず向かっていきたい」と無心で勝負の土俵に上がる。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 17℃
  • 20%

  • 31℃
  • 10℃
  • 20%

  • 28℃
  • 15℃
  • 10%

  • 31℃
  • 13℃
  • 20%

お知らせ