スポーツ

  • 印刷
女子3人制準々決勝・明治国際医療大A-武庫川女大A 足技で攻める武庫川女大Aの大将三木(右)
女子3人制準々決勝・明治国際医療大A-武庫川女大A 足技で攻める武庫川女大Aの大将三木(右)

 柔道の第15回KOBE自他共栄CUP学生大会(神戸新聞社など主催、神戸市共催)は10日、神戸市須磨区のグリーンアリーナ神戸で団体戦があり、男子7人制の1部は東海大が2年連続2度目の優勝を飾った。兵庫勢は甲南大のベスト8が最高。女子3人制は明治国際医療大Aが初めて制し、武庫川女大Aと芦屋大は共に8強で兵庫勢最上位だった。

 女子3人制の武庫川女大Aは、昨年と同じくベスト8で涙。岡崎監督は天理大時代の後輩が指揮する新鋭校、明治国際医療大Aに屈し「力でいうと、うちが上と思ったが…」と硬い表情だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 29℃
  • 25℃
  • 70%

  • 29℃
  • 23℃
  • 70%

  • 32℃
  • 23℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

お知らせ