スポーツ

  • 印刷
200本安打を達成したイチロー=1994年9月20日、グリーンスタジアム神戸
拡大
200本安打を達成したイチロー=1994年9月20日、グリーンスタジアム神戸
95、96年の優勝時の思い出を語るイチロー選手=神戸市中央区、ホテルオークラ神戸
拡大
95、96年の優勝時の思い出を語るイチロー選手=神戸市中央区、ホテルオークラ神戸
ファンに囲まれるオリックス・イチロー外野手=2000年1月28日、神戸市中央区の生田神社
拡大
ファンに囲まれるオリックス・イチロー外野手=2000年1月28日、神戸市中央区の生田神社
背番号51のちびっ子ファンにサインをせがまれるオリックス・イチロー外野手=2000年1月28日、神戸市中央区の生田神社
拡大
背番号51のちびっ子ファンにサインをせがまれるオリックス・イチロー外野手=2000年1月28日、神戸市中央区の生田神社
本紙のインタビューで、神戸港を背にするイチロー=2004年12月30日、神戸新聞社屋上から
拡大
本紙のインタビューで、神戸港を背にするイチロー=2004年12月30日、神戸新聞社屋上から

 イチロー選手はオリックス時代の1994年、プロ野球史上初の年間200安打を達成して一躍ブレークした。米大リーグ移籍後もシーズンオフはほっともっとフィールド神戸(神戸市須磨区)で自主トレーニングを行うなど、神戸とともに歩み続けた。

 かつてイチロー選手のスパイクを作った兵庫県加古川市のシューズ工房「M.Lab(ミムラボ)」の三村仁司代表取締役(70)は「まだ体は動いている。信じられない」と驚いた。イチロー選手からは内野安打を増やすため、スパイクを毎年5グラムずつ軽くするよう注文された。「人一倍の努力と自分のポリシーがあった。心身ともに休んだ後、指導者になってほしい」と期待した。

 オリックス時代にイチロー選手の打撃投手を務め、現在は少年野球「宝塚ボーイズ」指導者の奥村幸治さん(46)は20日の米大リーグ開幕戦を東京ドームで観戦。「どんなときも常に前向きだった。そして目標を明確に持ち、練習一つ一つに意味を持って取り組んでいた」と懐かしんだ。

 オリックスの元投手で球団職員としてイチロー選手を見守った竹本修さん(55)=現尼崎市立尼崎高校野球部監督=は「45歳までメジャーでプレーできたことは尊敬の念を超える。積み重ねてきた記録は伝説として残るはず」と語った。(伊丹昭史、山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ