スポーツ

  • 印刷
栃ノ心(左)を押し出しで破る貴景勝=24日午後、大阪市、エディオンアリーナ大阪(撮影・辰巳直之)
拡大
栃ノ心(左)を押し出しで破る貴景勝=24日午後、大阪市、エディオンアリーナ大阪(撮影・辰巳直之)
貴景勝が白星を飾り、両拳を突き上げて喜ぶ父親の佐藤一哉さん=大阪市浪速区難波中3、エディオンアリーナ大阪
拡大
貴景勝が白星を飾り、両拳を突き上げて喜ぶ父親の佐藤一哉さん=大阪市浪速区難波中3、エディオンアリーナ大阪
取組前、貴景勝の白星を願う父の佐藤一哉さん(右)と母純子さん=24日午後、大阪市、エディオンアリーナ大阪(撮影・辰巳直之)
拡大
取組前、貴景勝の白星を願う父の佐藤一哉さん(右)と母純子さん=24日午後、大阪市、エディオンアリーナ大阪(撮影・辰巳直之)

 大相撲春場所の千秋楽だった24日、大関栃ノ心を下し、大関昇進を確実とする10勝目を挙げた芦屋市出身の東関脇、貴景勝(22)=本名佐藤貴信、千賀ノ浦部屋。電車道で押し出した取り組み後、支度部屋で喜びを語った。

 報道陣との主なやりとりは次の通り。

 -今日の一番に臨むに当たって。

 「今日は出し切ってやりたいと思っていた」

 -勝った瞬間は?

 「昨日の夜から自分と向き合う時間がけっこう長かったが、両親とか、今場所を支えてくれた色んな人のために頑張りたいと思った」

 -昨日の14日目は黒星だった。

 「みんなが言うほど、自分は悪くないと思った。黒星だったけど、振り返るのは場所後でいい。明日のことを考えようと」

 -(優勝は)体の小さな子どもたちの励みになる。

 「そうですね。幕内で、やっていけるのかと思った。でも、大きくない人の相撲を見て、少しでも近づきたいという思いだった」

 -重圧の15日間。

 「重圧はあったが、15日間出してもらい、たくさんの人に(自身のしこ名入りの)タオルを持って応援してもらった。相撲をやってきて良かった」

 -相撲一本でやると決め、一つの目標を達成した。

 「一生懸命、満足せずやるしかない。現役中は。これからも応援してもらえるようにやっていきたい」

 -父親が観戦する中で勝った。

 「今場所、おやじが観戦した日は全部、負けていた。情けない子どもだった。自分でも情けないと感じたが、最後、勝てて良かった」

 -いよいよ大関に。

 「15日間、自分ではやることをやった」

 -技能賞にも選ばれた。

 「評価されてありがたいと思う。自分では取れないので、人に評価してもらったことに感謝している」

 -最後、勝った瞬間は?

 「ほっとしたというか、全身の力が抜けた。おやじに『見に来ない方がいいかも』と思わせ、情けなかった。最後だけは勝てて良かった」

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

  • 32℃
  • 24℃
  • 30%

  • 31℃
  • 25℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

お知らせ