スポーツ

  • 印刷

 競泳の世界選手権(7月・韓国)代表選考会を兼ねた日本選手権第3日は4日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル自由形は松元克央(セントラルスポーツ)が派遣標準記録を突破する1分45秒63で2連覇し、代表に決まった。

 男子100メートル背泳ぎは入江陵介(イトマン東進)が53秒53で6年連続8度目、女子100メートル背泳ぎは酒井夏海(スウィン美園)が59秒98で3年ぶり2度目の優勝。女子200メートル自由形は兵庫県の白井璃緒(東洋大、宝塚東高出)が1分57秒16で初制覇したが、いずれも派遣標準記録には届かなかった。女子100メートル背泳ぎで3連覇を狙った小西杏奈(サイサン、明石市立望海中出身)は4位だった。

 女子100メートル平泳ぎも派遣標準記録突破者が出ず、関口美咲(木下グループ)が1分7秒70で1位、鈴木聡美(ミキハウス)が2位だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 70%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ