スポーツ

  • 印刷

 柔道の世界選手権東京大会(8月25日~9月1日・日本武道館)代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権第1日は6日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、兵庫勢は、女子63キロ級の決勝で鍋倉那美(三井住友海上、姫路市出身)が昨年世界選手権2位の田代未来(コマツ)に敗れ、準優勝となった。田代は4年ぶり2度目の優勝。

 男子100キロ超級の佐藤和哉(日本製鉄)も決勝で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダリストの原沢久喜(百五銀行)に延長の末に反則負けし、準優勝。原沢は3年ぶり2度目の栄冠を手にした。

 男子90キロ級の村尾三四郎(東海大、姫路市立灘中出身)と、同100キロ級の垣田恭兵(旭化成、三田市立藍中出身)はいずれも準決勝で敗退した。90キロ級は向翔一郎(ALSOK)が2年ぶり2度目の頂点。100キロ級はリオ五輪3位の羽賀龍之介(旭化成)が初優勝した。

 女子で78キロ超級は18歳の素根輝(環太平洋大)が決勝で昨年の世界女王の朝比奈沙羅(パーク24)を延長の末に優勢勝ちし、3連覇。70キロ級は昨年世界選手権3位の大野陽子(コマツ)、78キロ級は昨年世界一の浜田尚里(自衛隊)が制した。

 7日の最終日終了後、最重量級を除く男女各6階級の世界選手権代表が決まる。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ