スポーツ

  • 印刷
グランプリ女子1万メートル決勝 32分40秒64で8位に入った十八銀行・野上恵子(撮影・辰巳直之)
拡大
グランプリ女子1万メートル決勝 32分40秒64で8位に入った十八銀行・野上恵子(撮影・辰巳直之)

 陸上の第67回兵庫リレーカーニバル(兵庫陸上競技協会、神戸新聞社など主催)最終日は21日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場でグランプリ男女10種目を含む計32種目の決勝などがあった。

 9月の東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)出場権を持つ野上恵子(十八銀行、須磨学園高出)は、トラックレース今季初戦のグランプリ女子1万メートルで8位。32分40秒64で走り「想定より10秒ほど遅い。ある程度一定のペースで押していけたが、スピードが足りない」と振り返った。

 トラックでスピードを強化したい考えで、「地元で知り合いの声を聞きながら走れてうれしかった」と故郷で充電。「自信を持ってMGCに臨める力をつけたい」と気を引き締めた。(金山成美)

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ