スポーツ

  • 印刷
総合開会式で各競技のユニホーム姿で入場行進する選手たち
拡大
総合開会式で各競技のユニホーム姿で入場行進する選手たち

 兵庫県民体育大会総合開会式が12日、明石公園陸上競技場きしろスタジアムで行われ、強い日差しの下、同大会に参加する全56競技の役員、選手やスポーツ少年団など約2500人が元気に入場行進した。

 昨年は雨天中止となり、開会式は2年ぶり。選手を代表し、4月の重量挙げのアジア選手権で3位入賞した山本俊樹(ALSOK、三木東高出身)が「令和元年の県民体育大会を成功させるため、全力を尽くして悔いなく戦いきることを誓います」と力強く宣誓した。

 2021年に開かれる生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ関西」をPRする「2年前イベント」もあった。

 県民体育大会は既に終えた競技も含め、約4万2千人が出場する。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ