スポーツ

  • 印刷
シャドーボクシングで汗を流すアルバラード
拡大
シャドーボクシングで汗を流すアルバラード
ミット打ちで汗を流すアルバラード
拡大
ミット打ちで汗を流すアルバラード

 国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級タイトルマッチ(19日・神戸ポートピアホテル)で同級3位小西伶弥(真正、神戸市灘区出身)の挑戦を受ける王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)が14日、神戸市垂水区の真正ジムで報道陣に練習を公開し「準備は万全。タイトルを守る」と自信を見せた。

 通算36戦34勝(30KO)2敗と強打を誇る30歳。同国では元世界4階級王者ローマン・ゴンサレスの後継者と目される。

 この日はシャドーボクシングやミット打ちなどを軽めに済ませ、減量は「制限体重まであと1キロ。とても気分がいい」。対戦する25歳の小西について「中に入ってくる侍のよう。タフな相手だが、私も強い」と語った。

 真正ジムの江藤日出典会長代行は、王者の動きを見て「パンチがあるし、器用。打ち合いになれば面白い」と話した。(藤村有希子)

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ