スポーツ

  • 印刷
世界王座を逃した小西伶弥=19日午後、神戸市中央区の神戸ポートピアホテル(撮影・後藤亮平)
拡大
世界王座を逃した小西伶弥=19日午後、神戸市中央区の神戸ポートピアホテル(撮影・後藤亮平)

 国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は19日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルであり、25歳で同級3位の小西伶弥(真正、神戸市灘区出身)が、30歳の王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)に0-3の判定で敗れ、2度目の世界挑戦で初戴冠はならなかった。アルバラードは初防衛に成功した。

 通算成績は小西が19戦17勝(7KO)2敗、アルバラードが37戦35勝(30KO)2敗。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ