スポーツ

  • 印刷
貴景勝
拡大
貴景勝

 大相撲夏場所8日目(19日・両国国技館)右膝負傷による休場から再出場の大関貴景勝は小結碧山にはたき込まれ、3敗目(2休)を喫した。

 取組を終えた貴景勝の支度部屋での一問一答は次の通り。

 -右膝に痛みや違和感は。

 「ないです。いつも通りです」

 -テーピングの違和感は。

 「特にないです」

 -立ち合いの変化は頭にあったか。

 「ありましたね」

 -変化に足がついていかなかったのは。

 「自分が弱いからというだけ」

 -再出場の理由は。

 「自分の中で出られると思ったから。幕下以下の時、けがをした中で休まず出たことが今につながっている。そこで一つつかんだものもありましたし。この経験が必ず何年後かに自分を成長させてくれると思っている」

 「11月からいい経験ばかりさせてもらった。いいことがあったら悪いこともある。嫌な経験が精神的に自分を強くしてくれる」

 「休むのは勇気だといわれるが、休むのは簡単。今までそういう逃げ方をしてこなかった」

 -ファンの期待に応えたいという思いも。

 「もちろん、それもあります」

 -大関としての責任感もあったのか。

 「大関というより、自分がこういう相撲人生にしたいという考えに沿ってやるだけ」

 -明日以降は。

 「自分次第。出られると思えば出ます」

(まとめ・永見将人)

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ