スポーツ

  • 印刷
男子1万メートル決勝 競り合う住友電工・田村和希(15)と富士通・坂東悠汰(1)=撮影・辰巳直之
拡大
男子1万メートル決勝 競り合う住友電工・田村和希(15)と富士通・坂東悠汰(1)=撮影・辰巳直之
男子1万メートル決勝 激しく競り合う住友電工・田村和希(15)と富士通・坂東悠汰(1)=撮影・辰巳直之
拡大
男子1万メートル決勝 激しく競り合う住友電工・田村和希(15)と富士通・坂東悠汰(1)=撮影・辰巳直之
女子1万メートル決勝 粘りの走りで6位入賞した豊田自動織機TCの田中希実(17)=大阪市のヤンマースタジアム長居(撮影・辰巳直之)
拡大
女子1万メートル決勝 粘りの走りで6位入賞した豊田自動織機TCの田中希実(17)=大阪市のヤンマースタジアム長居(撮影・辰巳直之)

 陸上の日本選手権1万メートルは19日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、男子は田村和希(住友電工)が28分13秒39で初優勝を飾った。坂東悠汰(富士通、津名高-法大出)が28分20秒72で2位に入った。

 女子は鍋島莉奈(日本郵政グループ)が31分44秒02で初優勝した。鍋島は日本陸連が定めた条件を満たし、今秋の世界選手権(ドーハ)代表に決まった。鈴木亜由子(日本郵政グループ)が31分46秒25で2位、新谷仁美(ナイキTOKYO TC)が3位に入った。田中希実(豊田自動織機TC、西脇工高出)は32分25秒81で6位だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ