スポーツ

  • 印刷
そろって兵庫県選手権男子73キロ級に出場した(左から)佑馬、永人、啓暉の生頼3兄弟=明石市、明石北高
拡大
そろって兵庫県選手権男子73キロ級に出場した(左から)佑馬、永人、啓暉の生頼3兄弟=明石市、明石北高

 兵庫県明石市出身で、そろって全国高校総体王者に輝くなど重量挙げ界で知られる生頼(おうらい)3兄弟が、1日に明石北高で開かれた兵庫県選手権に出場し、会場を沸かせた。いずれも男子73キロ級にエントリーし、次男永人(23)が優勝、三男啓暉(19)が3位入賞。試合後は互いの健闘をたたえ合った。(金山成美)

 明石南高出身で、会社役員の長男佑馬(25)は本格的な競技から離れているが、スナッチでは啓暉と同じ105キロを挙げた。全日本学生選抜大会を制した早大時代は「永人との勝負を意識していた」と振り返り「今回は勝負していないつもりでも、負けたくない気持ちが出た」とほほ笑んだ。

 永人は明石北高で日本高校新記録を樹立し、早大でも世界大学選手権に出場するなど各世代の日本のトップとして活躍してきた。今春東京で就職し「学生の頃のように練習できていない」というが、母校での試合で「思った通りの記録を出せた」と貫禄を示した。24日には全日本選手権を控える。今年の目標は「兵庫の代表として茨城国体で貢献すること」といい、地元への感謝を忘れない。

 早大2年の啓暉も明石南高3年時に、同校監督で父の俊秀さんや、2人の兄に続いて全国総体を制覇した。県選手権で同じ演技台に立ち、「上の兄はスナッチのフォームがきれいで、下の兄はスクワットが強く、見習うことが多い。早く追いつきたい」と一層の奮起を誓った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 10%

  • 25℃
  • 21℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ