スポーツ

  • 印刷

 重量挙げの全日本選手権第2日は25日、岩手県奥州市の江刺中央体育館で行われ、女子71キロ級はスナッチで日本記録を2キロ上回る100キロを挙げた見附絵莉(大阪府警、三木東高-早大出)が日本記録タイのトータル217キロで初優勝した。

 女子59キロ級で昨年の世界選手権5位の安藤美希子(キュアリアス)がスナッチ90キロ、ジャーク121キロのトータル211キロで優勝した。

 女子64キロ級は山本真鼓(名古屋産大大学院)が日本記録に並ぶトータル213キロをマークし、2016年リオデジャネイロ五輪代表の松本潮霞(ALSOK)らを抑えて初制覇した。男子81キロ級は笠井武広(ALSOK)がトータル332キロで制した。

 他の兵庫勢は、女子64キロ級の吉田朱音(自衛隊、須磨友が丘高-金沢学院大出)がトータル211キロで2位。男子96キロ級の山本俊樹(ALSOK、三木東高-日体大出)はスナッチの途中で棄権した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ